リンクユニット




Billboard




楽天モーション

仕事

通勤時間を比較!通勤時間を減らした方が良い理由と通勤時間を減らす方法6選

投稿日:

こんにちわ
職場まで片道何時間通勤していますか?
通勤時間が長い程辛いですよね~。
電車が満員電車だと特にきついですよね
車通勤でも毎日1時間運転したら参っちゃいますよね。

通勤時間は無駄です。
通勤が無駄だと考えた私は、会社から30分以内で通勤できる様にしました。

その理由等を紹介します。

 

スポンサーリンク

通勤時間を減らした方が良い理由

・プライベートな時間が減る

通勤時間が長ければ長い程、あなたの時間は無いに等しくなります。趣味が出来る時間が休みの日だけになります。どう頑張っても時間が捻出出来ないのは苦痛ですね。通勤時間が少ないとプライベートな時間も増えるので通勤時間は減らした方が良いです。

 

・育児が出来ない

奥さんが妊娠すると、奥さんを一人にする時間が長いと奥さんがとても苦労します。奥さんを守る時間が少なくなると言う事になります。子供が産まれても、育児を奥さんに任せっきりになります。通勤時間が長いと言う事は育児がまともに出来ず、奥さんだけに偏りますので通勤時間は減らしましょう。

 

・家事が出来ない

通勤時間が長いと朝早起き、夜も早く寝なければいけません。と言う事は家事が出来る時間はありませんよね。時間が無いので、奥さんの手伝いは出来ず、奥さんに負担がどっしり掛かります。奥さんの事を考えるんであれば通勤時間を減らす様に職場から近い家に引っ越しましょう。

 

・睡眠時間が取ることが出来ない

通勤時間が長いと言う事は、睡眠時間が取れません。慢性不眠に陥ります。残業を少しでもやれば、帰る時間は深夜12時、帰って寝るだけと言う生活が続くでしょう。通勤時間が長い程。睡眠時間が取れなくなりますので、通勤時間は減らした方が良いでしょう。

 

・残業が出来ない

通勤時間が長いと言う事は、遅くまで残業をすることは出来ません。帰りの電車等に間に合わないからです。間に合わなかった場合、ホテルに泊まるか、漫画喫茶等で寝るしかありません。余計なお金が掛かり、不要な支出が出る状況が増えます。通勤時間が少なければ、残業も長く出来るので、通勤時間は減らした方が良いでしょう。

 

・仕事を早く終わっても、帰るのが遅くなる

通勤時間に時間が掛かると、どうやっても帰る時間が定時+〇通勤時間とどうしても帰るのが遅くなります。そんな状況は通勤時間を減らすしかありません。定時に帰っても家に帰るのが遅いと言う事はできる事が減るので通期時間は減らした方が良いでしょう。

 

・通勤時間にできる事は限られている

通勤時間で出来ると言う事はスマートフォンを見たり、読書をするしかありません。満員電車なら難しいです。通勤時間を有意義に過ごせない方は通勤時間を減らしましょう。

読書をするならkindleがお勧めです。
記事URL

 

・通勤はストレスが溜まる

通勤は同じ場所に行くことの繰り返しです。同じことをしているとどんどん感覚が麻痺していきますが、車でも長距離であれば運転ストレスが溜まりますし、電車に長い事乗るのであれば満員電車等のリスクがありますのでとてもストレスが溜まります。長時間通勤をしない様にしましょう。

【結論】限りなく、通勤時間は減らした方が良い
長時間通勤によって起きる弊害を紹介させて頂きました。
そして、通勤時間は減らした方が良いと言う結論に至りました。
引越ができるのであれば引っ越ししましょう。


通勤時間を減らす方法6選

通勤時間を減らす方法を紹介していきます。

・在宅で出来る仕事を探そう

今は通信技術が発達し、在宅でも出来る仕事が増えています。
在宅勤務、在宅仕事、リモート 仕事等で検索すると仕事が出てきますので確認する事をオススメします。有名企業はリモートで仕事をすることが出来る様になっています。通勤にとらわれない在宅の仕事をしましょう

 

 

・職場から近い家に引っ越しをしよう

一番簡単です。職場に近い所に住みましょう。それだけで解決です。家賃の高い都市勤務ならマンション等購入がお勧めです。無理して一戸建てを郊外に建設するととても苦労する可能性があるのでお勧めしません。

 

 

・都市勤務をやめて政令指定都市に住もう

いっそのこと、都市で働くのをやめて地方で働きましょう。都市は一極集中化で人が増え続けています。地方の仙台、新潟、さいたま、千葉、川崎、横浜、静岡、京都。岡山、広島、北九州、静岡、浜松、名古屋、大阪、堺、神戸、熊本市等が狙い目です。東京までは行きませんが政令指定都市であれば通勤は劇楽で、仕事もありますので政令指定都市勤務ができる職場に転職しましょう。東京にこだわるのはやめましょう。通勤時間で消耗するのはやめましょう。

 

・通勤時間が長い職場を選ぶはやめよう

いくら給料が高くても長時間通勤の職場はやめましょう。結局お金が使えない生活を過ごすことになります。プライベートもお金も得られる職場を選びましょう。

 

・フリーランスになろう

個人で力があるのであれば、フリーランスになることをオススメします。
フリーランスになれば家で仕事ができます。通勤時間0になるのでオススメします。

 

・副業をして力を付けて、独り立ちしよう

企業に属している限り、通勤時間から逃れることは出来ません。副業をしつつ自分の力を付けて、独立しましょう。通勤時間から卒業した生活をおくりましょう。

 

スポンサーリンク

【比較表】通勤時間を比較してみた。

表を作成した所、衝撃をうけました。
就職してから定年まで大体45年ありますが、通勤だけで1.5年~人によっては9年間通勤している人がいると分かりました。数字で見ると物凄く無駄だと言う事が分かりますので、表にして見たのでご覧ください。

 

月20日出勤で片道○分すると年間どれくらい通勤したか表にして比較してみました。

往復(分) 年間240日 往復(分) 24時間(分)
年間通勤時間(日)
片道3時間 360 × 240 86400 ÷ 1440 60
片道2時間 240 × 240 57600 ÷ 1440 40
片道1時間 120 × 240 28800 ÷ 1440 20
片道0.5時間 60 × 240 14400 ÷ 1440 10

 

片道30分でも年間通勤で10日も通勤していることになります。
片道3時間の人に関してはなんと60日、約2ヶ月も通勤していることなるのです。短期的に考えると短く感じますが年間でこんなに時間を通勤で消費しているってめっちゃくちゃ無駄に感じませんか?

 

次に、毎月20日を1年間、10年間、35年間続けるとどれだけ通勤したか年単位で比較してみました。

 

1年間通勤時間(日) 10年間通勤時間(日) 35年間通勤時間(日) 備考
片道3時間 60 600 2100
35年片道3時間で約6年通勤した事になる
片道2時間 40 400 1400
35年片道2時間で約4年通勤した事になる
片道1時間 20 200 700
35年片道1時間で約2年通勤した事になる
片道0.5時間 10 100 350
35年片道0.5時間で約1年通勤した事になる

 

・通勤時間 片道3時間の通勤で35年間で6年通勤だけに使っったことになる。

毎日3時間通勤すると生涯で6年も通勤したことになります。寿命70年としたら1/10も通勤に使っていることになります。そもそも。片道3時間通勤と言う人は稀だと思いますが、6年間通勤で拘束されるという事になりますので、通勤時間は短くしましょう。

 

・通勤時間 片道2時間の通勤で35年間で4年通勤だけに使ったことになる。

片道2時間と言う方は多いんじゃないでしょうか。片道2時間ならどうにかなると思わない方がいいでしょう。何年も続けば疲弊します。4年も通勤に使いたいですが?使いたくないですよね。仕事のために片道2時間かけるのはやめて別の仕事をしましょう

 

・通勤時間 片道1時間の通勤で35年間で2年通勤だけに使ったことになる。

片道1時間でさえ、2年も通勤したことになる。片道1時間でももっと改善できるはずです。もっと通勤時間を減らしましょう。

 

・通勤時間 片道30分の通勤で35年間で1年通勤だけに使ったことになる。

片道30分以内でも1年間通勤したことになります。程よい通勤はストレス解消になりますので、片道30分以内は許容範囲でしょう。逆に通勤時間0分だと、運動不足になるので注意しましょう。

 

【経験談】東京は通勤時間が片道約2時間→地方に住んで片道通勤30分に変わった。

就職して片道2時間の場所にある会社の寮に住んでいましたが、毎日苦痛でした。これが生涯続くかと思うと絶望しました。ですが、東北地方に元から配属だったので数か月で東京勤務は終わりました。地方勤務になって片道30分以内で通勤出来る様になった。一番びっくりしたことは電車が満員電車ではないことだ。とても快適に通勤できる。この経験から東北異動後に言い渡された東京への転勤は断りました。

 

通勤が苦痛な東京には行きたくないからです。どうしても東京に行けと言われるなら私は会社を辞めます。それだけ通勤は苦痛だからです。通勤時間が短いとスポーツジムにも行けるし、子育ては出来る。家帰って料理が出来る。だから通勤時間が短い事に越したことはないですね。

 

今現在はIT化が発達して会社にいなくてもリモート勤務が出来る会社が増えており、会社も働き方改革として通勤せず仕事をする方法を模索しています。ITが得意な方はリモート勤務がしやすい状況ですので、積極的にリモート勤務できる仕事をして通勤時間を無くましょう、無駄な通勤時間を費やさない事をおすすめします。そうすることによって、プライベートも充実し、家庭も平和を維持し、健康で居続ける続ける事ができていくでしょう。

 

そして、今後東京一極集中が是正され、最低賃金も都道府県で統一されるでしょう。そうすると、東京で働いても、地方で働いても賃金が同じになるでしょう。そんな未来が近づいています。通勤で人生を消費するのは勿体無いです。会社の近くに引っ越しできるなら引っ越しましょう。通勤よりもしたいことは山ほどあるはずです。通勤と言う拘束時間は無駄でしかありません。通勤時間を減らしていきましょう。引っ越しが一番簡単にできる方法です。引っ越しをして無駄な通勤時間を削減しましょう。

 

ネットでカンタン申込み!
一番安い料金で引越しを予約できます
引越し侍の予約サービス

自動サイズレスポンシブ




自動サイズレスポンシブ




フォローお願いします。

こちらも合わせて読んでみてください

 

【Twitterつぶやき中!】

Twitterタイムライン


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

purejijii

ピュアじじいです。花形部署から左遷され共通部門に異動。365日定時退社を実施中。低賃金のため副業を志す。ブログ100万PV目指し中!そして昨年息子が産まれ1歳になります。息子の子育て、物レビュー、雑記等を書いて行きたい思いますのでよろしくお願いします!

オススメ記事

1

こんにちわ、ピュアじじいです。 結婚して息子が産まれて、毎日忙しい毎日を過ごしています。 何かとお金も掛かり、不要なお金 ...

2

2017年、もう終わりですね。振り返る時期に来てまいりました。今年も一杯通販で買いました。ピュアじじいが買って良かった物 ...

3

スポンサーリンク 目 次2017から2018年!最新加湿器オススメ10選!インフルエンザ対策!最新加湿器オススメ10選! ...

-仕事

Copyright© ピュアじじいの子育て奮闘記 , 2019 All Rights Reserved.