楽天モーション

未分類

45歳定年発言で炎上!メリットデメリット考察!不買運動が起きるも株価は好調!?

投稿日:

こんにちわ
現在45歳定年発言が話題になっていますね、そして不買運動がサントリーで起きてしまいました。今回はその件について考察等を紹介して行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

45歳定年発言経緯

サントリー新浪社長が9月9日に経済同友会のセミナーで「45歳定年性にして、個人は会社に頼らない仕組みが必要だ」と発言した。

これが経緯ですね。
ネット、SNSで猛反発が起きています。

それもそのはず、
ほとんどの人がサラリーマンだからだ。

何が問題化と言うと
日本は終身雇用制だからだ。

急な方向転換は日本のサラリーマンには非常に痛手なのだ。

日本の賃金は賃金カーブと言う物があり、高齢になればなる程、給料が高くなるシステムなのだ。若い時は逆に給料が安く、日本のサラリーマンは高齢になるまで我慢して働いている。高齢になってから45歳定年となると60歳手前で貰える高給料のうま味が無くなるのだ。

 

子供が居る家庭では、45歳くらいには子供は高校生ぐらいになっているだろう。その時、定年になってしまったら子供を大学に入学させるのは厳しいのではないか。退職金が1億以上あるなら話は別だが、そうはならないだろう。できないのであれば45歳定年は不可能だろう。一家路頭に迷うのが落ちではないか。

 

 

サントリーの株価は下がらず、むしろ好調?

こんなサラリーマンから反発くらう様な発言をしたサントリー社長だったが、サントリーの株価は上昇したままだ、普通に考えれば下がるのではと思えるが、予想と裏切り株価は好調だ。数字だけみれば、逆にサントリーに期待していると言う風にも見える。だが不買運動をする人たちが増えていると言う事はサントリー製品は不買するということになる。私も好んで飲んでいる特茶もサントリー製品である。だが不買となると売れなくなると言う事だ。売れなくなる、買う人がいなくなると言うのになぜ株価が上がるのではないだろうか、株価を下げたくない物が買い支えをしているのだろうか。9月中はあがっているみたいだが、10月になれば騒動は止んでいるだろうから、それまで買い支えでもしているのだろうか。下がらない事に私は不思議に思う。不買運動されているのに株価が上がるのは何か訳があるのだろう。

不買運動と言うのはそこまで企業には影響を受けないのだろうか・・・。サラリーマンの家族は路頭に迷う可能性、子供は大学卒業できないと言う事も出てくるのに、世間はそこまで一企業の主張は聞いていないのだろうか。

経営者になれる、有能な人間には45歳定年も良いのだろうが、それ以外の一般的サラリーマンにはやはり重たい主張だ。30超えると就職は難しいと言われている。私が採用者だったら、どこかに飼いなされて不要に洗脳された人を雇うよりも、若くて勉強ができる人間を採用するだろう。だからもし、45歳定年が実践されれば、起こり得る事なんて簡単だ。ほとんどに人間が45歳以降フリーターだ。そしてその家族は終わる。そうならない様に社会は共働きが当たり前になるだろう。家族全員が働くことが保険になるからだ。賃金カーブも無くなり、退職金制度も無くなって、初任給から高額な給料を貰える所が増えるのではないか。むしろそういう会社でなければ皆入社しないだろう。45歳定年になっても安い賃金では人は動かなくなるだろう。大企業より、中小企業は痛手を食うのではないだろうか。私はそう思う。それか、国が十分なベーシックインカム、一人15万以上のベーシックインカムを支払う事ができれば、45歳定年も問題ないと思う。子供は奨学金とベーシックインカムでどうにかできるからだ。

 

スポンサーリンク

日本に足りないのは圧倒的な安心感だ。

日本人は人生と言うレールから一度外れると戻ることは基本出来ない。親が裕福でない限り無理だろう。宝くじに当てる以外にレールに戻ることは出来ない。それが今の日本だ。政治家は自分の懐は肥やすが、国民には食べ残しのパンしか配給したくないと思える政治をしている。美味しいパンを得るために頑張って勉強をして良い大学入って、良い会社に入って・・・と頑張らないと満足には生きていることは出来ない。45歳定年がサラリーマンにとって不安なのは補償がないからだ。国民に圧倒的な安心感を与えるためには無条件にお金を一人一人に支給するベーシックインカムが必要だ。

働きたい人は働けばいい
働きたいくない人は働かなければいい。

ノーワークノーベイの法則を日本はぶち壊さない限り、この「頑張らなければいけない」と言う負のループは終わらないのだ。24時間のコンビニ、1分間隔で来る電車、アプリですぐに来るデリバリー。サービス過剰が日本を貶めている。

ぶっちゃけ全部不要だ。無くたっていい。無ければ無い様に生きるだけだ。生きにくくしているのはサービス過剰問題だ。

頑張らない事も頑張ると同時に大切だ。
仙台に住んでいることもあってよく「頑張ろう東北」と言う看板を見るが、反吐が出る。いつまで頑張ればいいんだよ?と。頑張ることを肯定過ぎると人は死ぬと思う。頑張っている人間に頑張れとは何事だ、何様だ。

45歳定年と企業は価値観を変えるのは仕方ない事だ。企業は変わるべく変わるしかない。だから社会保障を日本は充実する必要がある。ぶっちゃけ出来ない人間が長く企業で幅を利かせると言う事は日本にとっても良くない。ベーシックインカムで安定させて、解雇するのが良いだろう。

補償があれば45歳定年もいいのではないかと思える。
補償がない、絶対的安心な社会保障がなければ現時点では45歳定年は修羅の道を歩ませる結果となる。

 


 

はい、ここで45歳定年制のメリット、デメリットを考察したいと思います。

 

45歳定年制のメリット、デメリット

45歳定年を始めるとどんなメリット、デメリットが得られるか考察して見ました。

 

メリット

【企業側】
解雇したい人間を解雇できる
人件費カットできる
人材の新陳代謝が良くなる
有能な人間をヘットハンティングしやすい(市場に人材が溢れるため)

 

【社員側】
第2の人生を歩むことが出来る
次行く会社で成功するかもしれない
45歳までの給料が高い可能性がある(賃金カーブが無いため)
退職金割り増しされている可能性がある
昇進が早くなるのではないか(社員→課長→部長→役員→社長)
転職しやすくなる(一つの会社よりどんどん転職して自分の価値を高める社会になる)
本当はすぐにでも辞めたい人はスムーズに辞めることが出来る

 

デメリット

【企業側】
辞めさせたくない人も辞めてしまう
知恵知識技術伝統の継承ができない。
20年程度しか企業に人間が留まらないため採用活動が大変面倒になる。
それなりの給料を約束しなければ就活生から見向きもされない。
45歳手前で辞めて転職されてしまう。

【社員側】
会社選びに極めて慎重になる(高給でなければきつい)
45歳までに副業、収入の第2の柱を作っておく必要がある
貯金を今よりも頑張らなければならない年金2000万円問題よりももっと貯金が必要?

 

 

キャリアデザインなら【ニューキャリア】



自動サイズレスポンシブ




自動サイズレスポンシブ




ブログ応援よろしくお願いします。
Amazon欲しい物リスト

フォローお願いします。

【Twitterフォローお願いします。】

Twitterタイムライン



オススメ記事

1

こんにちわ、ピュアじじいです。 結婚して息子が産まれて、毎日忙しい毎日を過ごしています。 何かとお金も掛かり、不要なお金 ...

2

2017年、もう終わりですね。振り返る時期に来てまいりました。今年も一杯通販で買いました。ピュアじじいが買って良かった物 ...

3

スポンサーリンク 目 次2017から2018年!最新加湿器オススメ10選!インフルエンザ対策!最新加湿器オススメ10選! ...

-未分類

Copyright© ピュアじじいの子育て奮闘記 , 2021 All Rights Reserved.